美容を手に入れる方法|アンビションの姿と手に入れる

目の下にできた

メスを使わない方法とは

一昔前であれば、美容外科クリニックへ行って目の下のたるみを取る治療を受ける場合には、下まつげの生え際に沿ってメスを入れる外科手術を受けることになるのが一般的になっていました。メスで目の下の皮膚を切り開いて、たるみの原因になっている脂肪やたるんだ皮膚を切除する手術が行われるケースが多かったのですが、できれば肌に傷跡を残したくないと希望する患者が少なくありませんでした。現実的なことを考えると、下まつげの生え際に沿ってメスが入れられますので、傷跡が目立ってしまう心配はほとんどありません。ただし、皮膚を切るわけですから、回復にある程度の時間がかかります。でも、近年になり、目の下まぶたの裏側に穴を開けて、そこから脂肪を除去する手術が行われるケースが増えてきました。たるみの症状が重い場合には適さない方法ですが、術後の回復が早く、目の下に傷跡が残ってしまう心配がないため、多くの人がこの方法でたるみ治療を受けています。

下まぶたの裏側に穴を開けて余分な脂肪を除去する手術は、経結膜脱脂術という名前で呼ばれています。目の下の皮膚にたるみを生じさせている脂肪を裏側から除去してしまうという方法であるため、外側から見える部分には傷が残りません。ただし、たるんだ皮膚を切除するわけではないので、高齢で皮膚のたるみの症状が進んでいる場合には、脂肪や皮膚をメスで切除する手術を受けるようにした方がよいです。いずれの場合にしろ、治療を受けるためには、美容外科を標榜している整形外科クリニック等を受診する必要があります。美容外科の専門知識を持っている医師に相談すれば、どのような方法で治療するのが一番良いか、適切なアドバイスを受けることができます。